作品解説がはじまるよ!

2010年かぐや姫プロジェクトで制作した、デザイン工芸1年生の作品を紹介します。
8つの個性豊かな竹垣が勢揃いです。
DSCF0352.jpg
DSCF0354.jpg
C班 『こみちと』
以前は幹線道路であった道。小道となった今でも愛用する人たちがいる。
作品は、風景に馴染む「竹垣」と休憩所の提案「ベンチ」。小道と人と竹とで作る空間を設計。


DSCF0348.jpg
D班 『POP』
よくある竹垣のイメージを変えての作品。
楽しさ可愛らしさを求め、様々な模様を竹のもつ性質を利用して仕上げました。


DSCF0355.jpg
DSCF0356.jpg
E班 『みちくさアーチ』
皆が気持ちよく散策できるように制作された、階段とアーチ状の竹垣です。
『竹の曲がるという性質を利用した面白さ、美しさ』がコンセプトです。


DSCF0330.jpg
F班 『クロスロード』
過去の人たちが使っていた道と、先輩たちの作品、そして今の私達の作品が出会う道。
竹の節目を活かした下段部分は先輩の作品と、上段の透かし部分はそこから見える他の作品との繋がりを意識しています。


DSCF0345.jpg
G班 『日火』
日中は木漏れ日を、暗くなってからは真ん中にある灯籠の火を楽しむことのできる竹垣を作りました。
油抜きを試みた竹の色と、今後の耐久性に注目していただきたいです。


DSCF0332.jpg
H班 『光悦藤之目垣』
光悦垣という竹垣と、竹籠の藤の目編みの手法を使い、新たな技法として考案。
他の作品の鑑賞を邪魔しない「作品」としての竹垣。


DSCF0359.jpg
I班 『流道』
格子と波状を組み合わせて、直線と曲線の美しさを見せました。
また、作品から作品へとまよわず道を進んでいけるようにと制作しました。


DSCF0362.jpg
J班 『間。』
色彩の対比と竹ごしの空間を活かす為に考案したカット法を採用。
斜面に作ったことによって斜めのラインを演出しました。
エントリを編集 | 2010年活動記録 | - | -
calendar
<< September 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
selected entries
categories
archives
recent comments
recent trackbacks
profile
others
ツイート